当機構では、一般の方並びに医療に従事される方を対象に、生活習慣病に関する最新の情報を正確に伝えるという目的の為、以下のような取り組みを行っております。

『血糖自己測定の会 in 岡山』・『倉敷血糖自己測定の集い』

 糖尿病でインシュリンの在宅自己注射・血糖自己測定をされている方、及びそのご家族の方を対象として、 医師・管理栄養士・看護師・薬剤師等の専門職による講義などを通じて、糖尿病、及び毎日の食生活等で気を付ける点等をより深く理解していただくことを目的とした会です。

 また、『倉敷血糖自己測定の集い』では、糖尿病食はあまりおいしくないというイメージを持たれている方に、管理栄養士が監修したおいしい糖尿病食を実際に食べていただき、糖尿病と無理なく寄り添って毎日を過ごしていただくといった試みも行っています。

歩いて学ぶ糖尿病 おかやま後楽園ウォークラリー

 毎年4月に開催されるこの糖尿病ウォークラリーは、糖尿病の方やそのご家族の方をはじめ、糖尿病に関心がある方ならどなたでも参加できまるイベントです。

 名勝・岡山後楽園内で行われ、参加者の方々が、会場の公園の中を地図をたよりにチェックポイントを探しながら目標タイムを目指してコースを歩くイベントです。途中にある、ポイントで血糖値を測定したり、糖尿病に関するクイズやミニゲームに挑戦したりしながら糖尿病を歩いて楽しく学んで行きます。このウォークラリーではゴールの速さではなく、あらかじめ設定され隠されていた目標時間に近いチームが多くの得点を獲得し、そこにクイズや輪投げの得点が加算され順位が決められます。

 ウォークラリー終了後には、ホテルでの食事会を行い、管理栄養士が慣習したヘルシーメニューを楽しんでいただき、医師などの糖尿病の専門職による勉強会等も行います。

糖尿病療養指導スキルアップミーティング

 糖尿病診療に関わる医師、看護師、薬剤師、栄養士、臨床検査技師、理学療法士の皆さんと日常臨床において問題となっているテーマについて、グループワークやワークショップを通じて共に考え、知識と手技のスキルアップを図りながら、対処法を探ることを目的としています。