理事長挨拶

 生活習慣病とは生活習慣の乱れが大きく関与して発症する病気のことで、糖尿病、脂質異常症、高血圧症、肥満症、高尿酸血症、慢性腎臓病、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞や脳出血、脂肪肝、慢性閉塞性肺疾患、骨粗鬆症、歯周病などが含まれます。これら多くの生活習慣病により種々の合併症が出現して生活の質が低下したり(寝たきりなど自立した生活の低下)、死亡原因となり、そのために医療費も年々増加して莫大な税金も投入されています。不規則な生活習慣が重要な原因なので生活習慣を是正することが最大の治療であり、未病の場合は予防に繋がり、医療費の抑制、良質の生活の確保、引いては死亡率の低下が期待できます。岡山県においてこれら生活習慣病、特に糖尿病の予防、自己管理による治療の推進を目的としてNPO岡山生活習慣病啓発機構が設立されました。

 NPO岡山生活習慣病啓発機構は姫井孟先生(前理事長)と三竿賢議前理事(現、名誉理事)の御尽力により平成15年10月に設立され、岡山赤十字病院を中心とした県内の急性期病院の糖尿病専門医と看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士、事務職などの医療スタッフの協力により、糖尿病患者さんとその家族、一般の方々を対象に指導、予防活動行ってきました。大小様々な講演会、食事会、ウォークラリーなどの他、ネットによる質問を受け付け、それに対して専門医が回答し、それをまとめて「糖尿病110の質問 健康岡山21 姫井孟監修(山陽新聞社編)」の出版も行いました。その後は予算的問題、一部の質問欄の悪用などの諸事情によりネットでの質疑応答は中止となり、規模は縮小しましたがボランティア精神の医療スタッフにより啓発活動は継続しています。姫井孟前理事長の後任として平成26年9月に理事長に就任しました私は微力ではありますが、NPO会員の協力のもとに岡山県における糖尿病指導、予防の更なる推進のために草の根運動的に今後とも活動していく所存でございます。岡山県内の各市町村での糖尿病に関する医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士の講演、指導要請がありましたら、いつでも気軽に声をかけて下されば結構です。皆様方の健康状態での長寿を心より祈念申し上げます。

特定非営利活動法人
岡山生活習慣病啓発機構
理事長 松岡 孝

当機構の目的

 この法人は、医療従事者並びに一般市民を対象に、主として生活習慣病に関する最新の情報を正確に伝え、疾病の一次予防、二次 予防に貢献するための事業を行うことにより、健康日本21の趣旨に従い県民の健康維持、増進に寄与することを目的とする。

活動内容

  • 医療従事者の啓発事業
  • 一般市民、糖尿病患者を対象とした啓発事
  • インターネットのホームページ開設による情報開示と質疑応答による啓発事業

団体概要

団体名 特定非営利活動法人 岡山生活習慣病啓発機構
(NPO法人 岡山生活習慣病啓発機構)
英文法人名 Specified Nonprofit Corporation
Okayama Lifestyle Disease Education Organization
代表者 松岡 孝
事務局所在地 〒700-0016
岡山県倉敷市中庄3542-1
医療法人和香会 倉敷スイートホスピタル内
(担当:井上)